お知らせ

No Image

帰国のための国内線利用が可能に/日本の検疫措置・入国制限/帰国便の選択肢等:新型コロナウイルス関係注意喚起

・本4月2日(木)午後,NZ政府が,外国人の帰国のためのNZ国内移動(国内線や自家用車等での移動)を許可しました。
・帰国前14日以内にNZに滞在歴のある日本人は,入国後,PCR検査が実施され,陰性の場合でも14日間の自己隔離が必要となります。
・訪日前14日以内にNZに滞在歴のある外国人は,特段の事情のない限り,入国拒否の対象となります。
・現在帰国便は極めて限られますが,マレーシア,豪州,ドーハ経由便が引き続き可能なようです。但し,各国における経由条件等の制約がある他,日本入国後の自己隔離などにご留意いただく必要があります。

*上記の入国・検疫措置はNZを含む多数国を(自己隔離は全世界を)対象としたものです。
*上記の入国・検疫措置は,日本時間4月3日午前0時から実施されます。

1.本4月2日(木)午後,NZ政府が,本国への帰国目的で外国人がオークランドまたはクライストチャーチの国際空港へ移動することを許可すると発表しました。次の交通手段により,空港まで移動することが認められます。
・自身による運転(レンタカーを含む)
・家族や友人が運転する自家用車
・タクシーまたは相乗りサービス
・チャーター車両
・陸路の公共交通機関
・国内線航空便

なお,移動の際は,最短ルート(the most direct route)を選ぶ必要があるほか,以下の条件を満たさない場合は,空港への移動が認められません。
・国内線を利用して国際線に接続する場合,国内線フライトと国際線フライトの接続が24時間以内であること。
・有効であることが確認された国際線航空券(confirmed airline ticket)を持っていること。
・新型コロナウイルス感染症であると診断されていないこと。また,感染から回復した場合は,医療機関の証明(medical clearance to travel)を得ていること。
・新型コロナウイルス感染の症状がないこと。
・新型コロナウイルス感染検査の結果待ちの段階ではないこと。
・新型コロナウイルス感染者(疑いを含む)の濃厚接触者ではないこと。
・過去14日以内に国外旅行をしていないこと。

オークランドまたはクライストチャーチの国際空港へ到着後,航空券の確認とヘルスチェックが行われます。ヘルスチェックの結果次第では,搭乗が許可されず,14日間の隔離が求められます。航空券の確認及びヘルスチェックが完了すれば,チェックインカウンターに向かってください。
〈原文はこちら〉
https://www.nz.emb-japan.go.jp/visiting_japan/resources/Passenger_Information_for_Foreign_National_Repatriation.pdf
〈関連サイト:NZ政府〉
https://covid19.govt.nz/latest-updates/domestic-flights-tor-foreign-nationals-returning-home/

2.昨4月1日,日本政府は,4月3日午前0時(日本時間)以降実施される水際対策強化措置を発表しました。要点は以下の通りです。詳細は下記リンクをご覧ください。
(1)日本人
・帰国前14日以内にNZに滞在していた日本人は,入国の際,全員にPCR検査が実施され,陰性の場合でも,入国から14日間,自宅など検疫所長が指定する場所での自己隔離が求められます。
・自宅などに移動する場合は,公共交通機関(国内便,バス,鉄道,タクシー等)を使用できません。
・PCR検査について,空港において,到着から入国まで数時間,結果まで数日待機いただく状況となっていますので,十分ご留意ください。検査結果を自宅で待つことも可能ですが,これは,症状がないこと,自宅への移動に公共交通機関(同)を使わないことが条件となります。
(2)外国人
 訪日前14日以内にNZに滞在していた外国人(NZ人を含む)は,特段の事情がない限り,日本に入国できません。

*水際対策措置詳細
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C046.html

3.帰国フライトの状況
 各国が講じる入国・トランジット規制により,現在,世界的に航空便の大幅な減便・運休が相次いでおり,NZから日本への帰国便の確保が非常に難しくなっています。当館においては,4月2日現在,以下のとおり,オーストラリア(シドニー)経由,マレーシア経由,ドーハ経由のルートで帰国が可能との情報に接しております。なお,この情報は席が確保できることを保証するものではありません。また,他のルートもあるかもしれませんし,状況は日々変わっています。帰国を希望される方は,詳しくは,航空会社又は旅行社にお問い合わせください。

(1) オーストラリア(シドニー)経由便
 現在,オーストラリアは,外国人のトランジット及び入国を禁止していますが,特別な事情があれば個別申請できるとされています。個別申請(以下)でトランジットが認められれば,シドニーでトランジットが可能となり,日本への便に搭乗できます。豪州から日本への便は,4月下旬頃までは運航しているようです。
〈オーストラリア入国制限適用除外申請サイト〉
https://immi.homeaffairs.gov.au/help-support/departmental-forms/online-forms/covid19-enquiry-form

(2)マレーシア経由便
 マレーシア航空が,6月末まで一定の便をオークランド・マレーシア・成田間で運行する発表をしています。空席は多くはないとの情報もありますので,ご注意願います。

(3)ドーハ経由便
価格は高いようですが,カタール空港でのドーハ経由が4月中旬まではあるとの情報があります。

*各航空会社の運航状況は日々変更されている上,経由国がいつ入国禁止措置を導入するか分かりません。仮に航空券を入手できた場合でも,運行状況と経由地の入国規制について,頻繁にご自身でご確認するようお願いします。
*上記1.の通り,NZから日本に帰国した後,PCR検査と14日間の自己隔離が必要となります,またご自宅等隔離場所への移動は公共交通機関(国内便,鉄道,バス,タクシー等)を使用せずに移動することが求められますので,ご留意ください。


※このメールは、ニュージーランド、クック諸島、ニウエの在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

在ニュージーランド日本国大使館(クック諸島、ニウエ兼轄)
Level 18, The Majestic Centre 100 Willis Street Wellington 6011
Web: https://www.nz.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
Email: consular@wl.mofa.go.jp  TEL: +64-4-473-1540

  • 登録日 : 2020/04/03
  • 掲載日 : 2020/04/03
  • 変更日 : 2020/04/03
  • 総閲覧数 : 218 人